*

古民家アップサイクル

Itonami Cafeー古民家改装&地方移住

ある仲間が、人と人との不思議な”縁”で、築100年以上の古民家を、タダで手に入れた。場所は山口県柳井市日積(ひづみ)、山に囲まれ、海にも近い、すてきな田舎。

その古民家を、家族で住めるようにし、カフェもできるように改装するのを手伝ってくれないか、と誘ってくれた。

古民家の改装、とても興味があったので、嬉々として参加することにした。

日本の空家率は13.1%

家はちいさいほうがいい。トップページに書いてある、考え方があるからこそ、このサイトの名前になった。でも、古民家改装なら、大きめの家に住むのは”あり”だと思っている。

日本の空家率は、平成20年度で13.1%(統計局のページが開きます)らしい。10軒に1軒以上が空家、ということになる。とても古くて、もうこれは住めないものもあれば、買い手がつかない、遊休状態の家もあるのだろう。

すでに住める家があるなら、そこに住むのが合理的。建物の構造がしっかりしているなら、設備工事や、たのしい内外装をするだけでよい。

新築と比べて自由度は下がるが、特に住居用なら、よほど奇抜な間取りを望まななければ、大きな問題ではないだろう。

アップサイクルーーあるものをステキにして使う

あるものをもう一度原材料などとして使うのがリサイクルだが、あるものをステキにして使うことを「アップサイクル」という。

古民家を、居住用としてだけではなく、さらにステキなカフェとしてアップサイクルする。これが、今回私の手伝えること。

ほとんど経験のないことだけれど、試行錯誤しながら、地元の人に助けてもらいながら、進めていく。きっとなんとかなるだろう。

古民家改装と、田舎移住&生活のレポート

古民家を改装するのになにをするのか、作業の様子と日々の出来事などをブログ形式であげていきます。

このプロジェクトのリーダーである、通称「社中(しゃちゅう)」は、都会から田舎に移住して生活していくことになるので、移住者ならではの立場から、地元の人と関わっていくことになります。

そこに私も短期間ながら一緒に住まうことになるので、田舎に移住することはどんなものか、その様子もブログ形式であげていくと思います。

2014年2月~4月半ばまでいる予定

今回は、山口にいる期間がまず決まっていて、作業をどこまでやる、という確定した目標はないです。でもできるだけ、たくさんのことをしておきたいです。

Facebookページ、「Itonami Cafe」で社中が情報発信しているので、こちらもご覧下さい。

 

日々の進捗は、右サイドバーの「カテゴリ」→「古民家アップサイクル」

か以下からどうぞ。

ページ一覧~時系列・作業内容の紹介

◎どんな古民家?

正月に、下見で来たときの写真です。

◎屋根裏部屋の掃除

まずは社中一家の家財道具を片付けるため、屋根裏をきれいにすることに。

◎瓦の片付け

解体の手始めに、瓦を片付けました。

蔵・増設部分の解体

蔵と増設部分を序盤は人力で、後半は重機で解体しました。

◎大工のかとちゃん週間

社中の友人の、大工のかとちゃんがやってきて、作業がどんどん進みました。

◎軒・壁づくり、アースバッグベンチ

かとちゃんが残した宿題に取り組みました。

◎排水工事準備

排水管工事を自分たちでするべく、いろいろ試してみました。

◎トイレ・屋根工事

素人には難しい排水管工事はひとまず置き、自分たちでできそうな、トイレ改装と屋根の補修工事をしました。

◎離れの片付け

できることをやろう、ということで、片づけを進めることに。

◎かとちゃん再来&和田さん襲来

大工のかとちゃんと、その仲間の和田さんがやってきて、大工仕事と配管工事が一気に進みました。

◎長野に行って、また山口にきてちょこちょこ手伝ってました

 

adsense


公開日:
最終更新日:2018/01/14

畑の小屋直し総括 ~2017-08-30

畑の作業小屋、だいたい直しました 畑に打ち捨てられた小屋があったので

no image
近況 2017-08-26

はいどうも。先月からもっと更新頻度あげるつもりでしたが、やってませんね

畑仕事 〜2017-6-27

一応、目標通り6月中に更新できました。沖縄は梅雨が明けて、日差しがとて

→もっと見る

adsense

  • モッピー!お金がたまるポイントサイト
  • follow us in feedly
  • 2018年7月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑