*

あいじゃくり

公開日: : 最終更新日:2014/01/03 家づくり用語集

あいじゃくりの写真

最も加工が簡単な、木材の継手(つぎて)

木材をつなぐとき、接合するときに、接合したい面同士を切り欠いて接合するところを継手といい、あいじゃくりはその1つ。上写真のように、接合したい2本の木材の、片方の端を切り欠いて、材が重なったところに上からコーススレッドを打ちこんで固定することができる。さらに金具で補強すれば、より安心だろう。

長い材は高いので、短い材をつなごう

ホームセンターで売っている木材は、4mくらいまでのものが多いので、それ以上の長さで使いたいときは、あいじゃくりなどをして接合する。大工はコーススレッドが必要ないような、木材を複雑に切り欠いて、がっちり組み合わせるため楔を打つ継ぎ手をするが、素人には難しい。あいじゃくりをして、コーススレッドで留めるので十分だろう。

板材は加工されたものが売っている

土台や柱に使う大きな材をつなぐときは、自分で切り欠く。材の繊維方向に対して直角の方向のカットは、電動丸のこの刃を調整してカットする方が楽だが、水平方向はノコギリでカットする。

壁板や床板、天井板をつなぐときは、あいじゃくりの加工がされているものが売っている。加工がされている羽目板(はめいた)には、本実(ほんざね)という、突起を突き刺すような加工がされているものも多い。

adsense

関連記事

タッカーの写真

タッカー(たっかー)

シートを打ちつけるときの必需品 大きなホッチキス、ステープラーのような工具のこと。幅12mm、高さ

記事を読む

水糸の写真

水糸(みずいと)

縄張りするときに使用する糸のこと。ナイロン製で、蛍光の黄色や緑など、目立つ色のものが多い。実用上問題

記事を読む

面戸取り付け済の写真

面戸(めんど)

屋根と壁の隙間を埋める材のこと 傾斜のある屋根と壁が接するところに、垂木と垂木の間の隙間が

記事を読む

独立基礎の写真

基礎(きそ)

建物の荷重を地盤に伝える、土台と地面の間の構造物のこと。 直接基礎と杭基礎 数十センチの穴を掘り

記事を読む

no image

コンパネ(こんぱね)

コンクリートパネルという、片面に黄色い塗装がされている合板のこと。黄色い面を内側に型枠を作って、コン

記事を読む

野地板の写真

野地板(のじいた)

垂木の上にのせる、屋根材と、防水シートの下地材になる板のこと。木の種類やサイズに関係なく、こ

記事を読む

水盛りの写真

水盛り(みずもり)

水平を出す、一番単純な方法 水平を出すために用いる昔ながらの方法で、透明なホースと水を利用する

記事を読む

束石の写真

型枠(かたわく)

コンパネなどで作る、コンクリートを流し込む枠のこと。上写真は、独立基礎用にコンクリートを流し

記事を読む

防腐剤の写真

防腐剤(ぼうふざい)

風雨にさらされる場所に用いる木材に、防腐処理に使う塗料のこと。ペンキのように、缶に入って売っているも

記事を読む

no image

桧(ひのき)

日本でよく建築用に使われる木材で、家の様々な部材に使われる。小さなパン屋づくりでは土台と母屋に桧を使

記事を読む

adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


畑の小屋直し総括 ~2017-08-30

畑の作業小屋、だいたい直しました 畑に打ち捨てられた小屋があったので

no image
近況 2017-08-26

はいどうも。先月からもっと更新頻度あげるつもりでしたが、やってませんね

畑仕事 〜2017-6-27

一応、目標通り6月中に更新できました。沖縄は梅雨が明けて、日差しがとて

→もっと見る

adsense

  • モッピー!お金がたまるポイントサイト
  • follow us in feedly
  • 2018年4月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑