*

桧(ひのき)

公開日: : 家づくり用語集 ,

日本でよく建築用に使われる木材で、家の様々な部材に使われる。小さなパン屋づくりでは土台と母屋に桧を使った。

木材の等級

木材には、等級というものがあって、節の数、木目の美しさ、心材か辺材かなどによって値段がびっくりするくらい変わる。2面より3面、3面より4面全部に節がないものの方が高いが、それぞれ用途はある。角柱、家の角に使う柱なら、2面しか見えないので2面だけは節がない材を使う、などするそうだ。

土台に使ったのは特等という、節が多くて一番安い等級の、4000mm×90mm×90mmのもので、2200円(2013年現在)だった。カットすると、桧の良い香りがした。

節の少ない、ベイマツがおすすめ

使ってみると節があるところはコーススレッドが打ち込めずに、とても苦労した。節があるところは、木が密になっているところなので、とても堅くなっている。固定したい位置は設計上決まっているため、なんとか目視できるところは節を避けられたが、木の内部の見えないところで節にぶつかると、コーススレッドが抜けも打ち込めもしなくなって、大変だった。

できるだけ日本の木材を使う方が良いとは思うが、ホームセンターで入手しやすい土台に使える安い木材だと、ベイマツの方が桧より節も少なくて使いやすいのでおすすめ。

adsense

関連記事

2×4買ってる写真

2×4材(つーばいふぉーざい)

セルフビルドで、DIYで、よく使う2×4材 木材の種類のことで、一般的にSPF材の、38mm×89

記事を読む

ドリルビットの写真

ビット(びっと)

インパクトドライバーや、ドリルドライバーに装着して使用する、工具のこと。ネジ締め用のドライバービット

記事を読む

土台の図3

L字金具(えるじかなぐ)

名前の通り、L字の形をした金具のこと。幅広金具。ボルトとコーススレッドを打ちこめるように、下穴があい

記事を読む

垂木の写真

垂木(たるき)

垂木とは、屋根の構造の一部のこと 屋根の構造の一部で、野地板の下地材。建築関係者じゃないと、あ

記事を読む

no image

建物にかかる荷重(たてものにかかるかじゅう)

家をつくるときに、3つの建物の荷重を考える必要がある。垂直荷重、水平荷重、下からの荷重の3つ。 垂

記事を読む

ドリルドライバーの写真

ドリルドライバー(どりるどらいばー)

セルフビルド、DIYに1つは欲しい電動工具 2×4工法で家づくりをするときには、必須の電動工具。主

記事を読む

ジグの写真2

ジグ(じぐ)

ある作業を繰り返しするときに、またはある作業をやりやすくするために使う補助道具のこと。治具ともいう。

記事を読む

インパクトの写真

インパクトドライバー(いんぱくとどらいばー)

セルフビルドの2×4工法に、必須の電動工具 2×4工法で家づくりをするときには、必須の電動工具

記事を読む

ダブルシンクの写真

ダブルシンク(だぶるしんく)

 飲食店などをやるときには、必要な設備の1つ 上写真の右下に写っている、シンク(槽)が2つある

記事を読む

no image

墨付け(すみつけ)

材をカットする、接合するときなどに、目印の線を付けること。ケガキ(動詞はケガク)ともいう。昔は文字通

記事を読む

adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


畑の小屋直し総括 ~2017-08-30

畑の作業小屋、だいたい直しました 畑に打ち捨てられた小屋があったので

no image
近況 2017-08-26

はいどうも。先月からもっと更新頻度あげるつもりでしたが、やってませんね

畑仕事 〜2017-6-27

一応、目標通り6月中に更新できました。沖縄は梅雨が明けて、日差しがとて

→もっと見る

adsense

  • モッピー!お金がたまるポイントサイト
  • follow us in feedly
  • 2018年4月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑