*

桧(ひのき)

公開日: : 家づくり用語集 ,

日本でよく建築用に使われる木材で、家の様々な部材に使われる。小さなパン屋づくりでは土台と母屋に桧を使った。

木材の等級

木材には、等級というものがあって、節の数、木目の美しさ、心材か辺材かなどによって値段がびっくりするくらい変わる。2面より3面、3面より4面全部に節がないものの方が高いが、それぞれ用途はある。角柱、家の角に使う柱なら、2面しか見えないので2面だけは節がない材を使う、などするそうだ。

土台に使ったのは特等という、節が多くて一番安い等級の、4000mm×90mm×90mmのもので、2200円(2013年現在)だった。カットすると、桧の良い香りがした。

節の少ない、ベイマツがおすすめ

使ってみると節があるところはコーススレッドが打ち込めずに、とても苦労した。節があるところは、木が密になっているところなので、とても堅くなっている。固定したい位置は設計上決まっているため、なんとか目視できるところは節を避けられたが、木の内部の見えないところで節にぶつかると、コーススレッドが抜けも打ち込めもしなくなって、大変だった。

できるだけ日本の木材を使う方が良いとは思うが、ホームセンターで入手しやすい土台に使える安い木材だと、ベイマツの方が桧より節も少なくて使いやすいのでおすすめ。

adsense

関連記事

タッカーの写真

タッカー(たっかー)

シートを打ちつけるときの必需品 大きなホッチキス、ステープラーのような工具のこと。幅12mm、高さ

記事を読む

束石の写真

型枠(かたわく)

コンパネなどで作る、コンクリートを流し込む枠のこと。上写真は、独立基礎用にコンクリートを流し

記事を読む

no image

歩留まり(ぶどまり)

材料をどれだけ無駄なく使えるか 材料を実際にどれだけ使ったかの割合のこと。例えば、3mの木材をまる

記事を読む

壁パネル組み立ててる写真

2×4工法(つーばいふぉーこうほう)

素人のセルフビルドに、一番おすすめの工法! 主に2×4材と構造用合板で組み立てる、工法のこと。2×

記事を読む

no image

縄張り(なわばり)

整地した地面に、建物の大体の位置を出すこと。水糸などの紐を使って、建物の隅や、基礎の位置を確

記事を読む

垂木の写真

鼻隠し(はなかくし)

鼻隠しとは、垂木の木口を隠す材のこと 垂木の木口(こぐち)、端の部分を隠すようにつける材のこと

記事を読む

脚立の写真

脚立(きゃたつ)

高所での作業にはかかせない道具の1つ。作る家の高さに応じて、余裕のあるものを最低1つは買いた

記事を読む

束柱の写真

束柱 (つかばしら)

独立基礎の、束石に固定する短い柱のこと。上写真では、土台と同じ太さの木材を使っている。 土

記事を読む

片流れ屋根の写真

片流れ屋根(かたながれやね)

DIY向きの、単純構造の屋根 屋根の形状の1つで、名前の通り片側1方向に傾斜がついているものの

記事を読む

no image

ホームセンター(ほーむせんたー)

ホームセンターは、セルフビルドの強い味方! その名の通り、家づくりに必要な物なら何でもそろう、お店

記事を読む

adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


畑の小屋直し総括 ~2017-08-30

畑の作業小屋、だいたい直しました 畑に打ち捨てられた小屋があったので

no image
近況 2017-08-26

はいどうも。先月からもっと更新頻度あげるつもりでしたが、やってませんね

畑仕事 〜2017-6-27

一応、目標通り6月中に更新できました。沖縄は梅雨が明けて、日差しがとて

→もっと見る

adsense

  • モッピー!お金がたまるポイントサイト
  • follow us in feedly
  • 2018年6月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑