*

桧(ひのき)

公開日: : 家づくり用語集 ,

日本でよく建築用に使われる木材で、家の様々な部材に使われる。小さなパン屋づくりでは土台と母屋に桧を使った。

木材の等級

木材には、等級というものがあって、節の数、木目の美しさ、心材か辺材かなどによって値段がびっくりするくらい変わる。2面より3面、3面より4面全部に節がないものの方が高いが、それぞれ用途はある。角柱、家の角に使う柱なら、2面しか見えないので2面だけは節がない材を使う、などするそうだ。

土台に使ったのは特等という、節が多くて一番安い等級の、4000mm×90mm×90mmのもので、2200円(2013年現在)だった。カットすると、桧の良い香りがした。

節の少ない、ベイマツがおすすめ

使ってみると節があるところはコーススレッドが打ち込めずに、とても苦労した。節があるところは、木が密になっているところなので、とても堅くなっている。固定したい位置は設計上決まっているため、なんとか目視できるところは節を避けられたが、木の内部の見えないところで節にぶつかると、コーススレッドが抜けも打ち込めもしなくなって、大変だった。

できるだけ日本の木材を使う方が良いとは思うが、ホームセンターで入手しやすい土台に使える安い木材だと、ベイマツの方が桧より節も少なくて使いやすいのでおすすめ。

adsense

関連記事

no image

墨付け(すみつけ)

材をカットする、接合するときなどに、目印の線を付けること。ケガキ(動詞はケガク)ともいう。昔は文字通

記事を読む

たこの写真

たこ

基礎工事などで、地面を押し固めるときに使う道具のこと。上写真では石と木材を組み合わせて作って

記事を読む

土台の写真

土台(どだい)

独立基礎の場合は束柱の上や側面、布基礎やべた基礎の場合は基礎コンクリートの上にのる、建物の構

記事を読む

面戸取り付け済の写真

面戸(めんど)

屋根と壁の隙間を埋める材のこと 傾斜のある屋根と壁が接するところに、垂木と垂木の間の隙間が

記事を読む

no image

縄張り(なわばり)

整地した地面に、建物の大体の位置を出すこと。水糸などの紐を使って、建物の隅や、基礎の位置を確

記事を読む

水盛りの写真

水盛り(みずもり)

水平を出す、一番単純な方法 水平を出すために用いる昔ながらの方法で、透明なホースと水を利用する

記事を読む

トタン波板の写真

トタン波板(とたんなみいた)

屋根材の1つ。ホームセンターで売っているものの中では、面積当たり最も安価な屋根材だろう。

記事を読む

透湿防水シート貼ってる写真

透湿防水シート(とうしつぼうすいしーと)

雨は通さず、中の湿気は逃がす不思議なシート 2×4工法だと壁パネルの、外側の構造用合板に貼るシ

記事を読む

軽トラの写真

軽トラ(けいとら)

 田舎暮らしでは、大活躍する軽トラ 地方ではやたら見かける、軽自動車のトラックのこと。荷物の運

記事を読む

合板の写真

構造用合板(こうぞうようごうはん)

建物の強度を高めるために、構造上重要なところを「面」で支えるための板材のこと。柱をサンドイッ

記事を読む

adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


畑の小屋直し総括 ~2017-08-30

畑の作業小屋、だいたい直しました 畑に打ち捨てられた小屋があったので

no image
近況 2017-08-26

はいどうも。先月からもっと更新頻度あげるつもりでしたが、やってませんね

畑仕事 〜2017-6-27

一応、目標通り6月中に更新できました。沖縄は梅雨が明けて、日差しがとて

→もっと見る

adsense

  • モッピー!お金がたまるポイントサイト
  • follow us in feedly
  • 2019年4月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑