*

畑の小屋直し総括 ~2017-08-30

公開日: : 最終更新日:2017/09/29 畑の小屋直し

畑の作業小屋、だいたい直しました

畑に打ち捨てられた小屋があったので、それを直していく様子をちょくちょく書こうとは思っていたのですが、この時点でだいたいは直しました。なので、その流れでもはじめからざっと書いておこうと思います。

はじめの状態、去年の作業

ごみまみれで、かろうじで鉄骨の骨組みがあるのと、ボロボロのトタン屋根と、壁が2面の状態でした。

とりあえず、ごみをなんとか片づけていったのが、去年の夏。地面が見えなかったので、これはだいぶ片付いた時点での写真です。よくやろうと思ったなこれ。

ごみをほぼ片づけ、ボロボロのトタン屋根は撤去。

妹の旦那に骨組みの溶接をしてもらった。

中古の波トタンを買ってきて、コーキングとアルミテープで補修して、屋根にしました。去年の秋頃までに確かここまで直して、冬はいんげん豆の選別を2面壁がない小屋でしていた記憶。

今年した作業

いんげんの収穫が終わった4月以降、もう一つある物置小屋?にもえぐい量のゴミがあるし、去年片付けた小屋の隣になぜか敷地に5台もあった冷蔵庫が積み重なっているし、ビニールハウスの脇にもゴミが大量にあったので、その片付けをしていました。2ヶ月かかった。その様子は6月の投稿にあるので割愛。

壁の前に基礎づくりから

ゴミ片付けが落ち着いてきた6月中頃、小屋直しを再開した。東西の壁がないからまず作らないといけないのだが、小屋の床レベルがなぜか外より低いので、雨が降ると屋根があっても床が濡れる。なのでコンクリ打つところからスタート。

そこらにあったプラダンでコンクリ打ったら案の定グニャグニャな基礎ができた。水平もほとんど出ていなかったので笑、あとですこし調整がめんどうだった。構造に大きくかかわらないとはいえ、やっぱここで手抜きはだめですね。

反対側はちゃんと材木も準備してやったので比較的きれいにできた。

作業台作り

6月の頭頃に、電気の引き込み依頼をしたけど、敷地内に電柱を建てないといけないこともあって開通まで1ヶ月はかかると言われた。まわりに電線はあるからすぐできると思っていたが、もっと早めにやるべきだった。ほかの作業をしつつ、知り合いから小型の発電機を貸してもらって、電動工具をどうにか使って作業をすすめた。

まずは作業台ないと効率悪いので、合板を買ってきて作った。結構前から買っておいたジグソーが初めて仕事した笑。

こっちの仲間がやっている、南城市の古家解体をたまに手伝っていて、そこからでたもので使えそうなものをちょくちょくもらっている。上の写真のアルミサッシ一式は古家から取ってきたもので、アルミサッシを使ったことがなかったから要領がよくわからんかったけど、なんとか使った。あとから思い出したけど、防水テープ一切しなかったな。

電気開通、壁作り

7月の中頃、電気が開通した。これで手軽に電動工具が使えるようになったので、だいぶ作業が進めやすくなった。

壁はまず木で枠を組んで、それを基礎と既存の骨組みに固定していくことにした。2×4みたいなやりかたしかしらないので、まぁこうなります。骨組みに使っている木材は、知り合いづてにもらった廃材を使った。45角と120幅の板材を主にもらって、釘が刺さりまくっているのを全部ぬいてつかった。外壁材にしては45じゃ細い気もするけど、強度的には多分大丈夫でしょう。

外側からまず合板を張り、透湿防水シートを張った。針葉樹合板が3×6の12mmで1500円くらいしたんだけど、今こんなに値段上がってるんですか?沖縄だから割高なだけなのかわからぬ。

正面の壁も同様に作り、こちらは玄関ドアも自作した。壁と同じ材で枠を作り、合板、シート、トタンを張ったのでだいぶ重いドアになった。

ちゃんと戸車つけないと開閉が大変そうだったので、敷居を作って、Vレールを入れて、ちゃんと動くようにした。

内部のいろいろ直し

北側の壁は全体が出窓?のようになっていて、変な段差がある。下壁?にあたるところがあいていたので、短く切ったトタンを入れていった。

上がり床?にまず廃材の板を敷き詰め、その上に合板を切り欠いて張った。荷物も結構おけるし、なんなら昼寝もできそうなスペースになった。

正面の壁用に、網戸を作った。前からほしかったルーターをお安くゲットできたのでちゃちゃっと作ることができた。あとはサンダーがあれば木工用の電動工具はだいたい揃うかな。

ペンキ塗れば廃材利用でもそれなりに見える。

中の様子

母が冷蔵庫を買い替えたので、古いのをもらった。不相応にでかいけど、かなり快適になった。

ちょっと片付いてない写真ですが、もらったラックとここで発掘した棚にペンキ塗って使っている。

東側の窓にはよしずをつけたので、一応カーテン代わりにはなっている。

とりあえずペンキを塗ればそれなりにきれいになりそうなので、暇をみて天井以外を塗っていく予定。

ちなみに屋根は銀色のトタン用ペンキを二度塗りしたおかげか、日中の小屋内の暑さがだいぶ和らいだ。飛行機で沖縄南部を通ると、もしかしたら畑の中に、やけに光が反射してる屋根の小屋が見えるかもしれない。

今後の予定

作業小屋の直し作業は、ひとまずこれで一段落。テーブルを作ろうか悩んでいたら、冷蔵庫に続いてテーブルも買い換えるそうなのでそれをもらうことになった。なのであとはペンキを塗るくらいだろうか。床にコンクリートを打つつもりだったが、砂利を敷いた今の状態でもいいような気がしている。

戸締まりもできりようになったし、冬場の収穫後の作業も、畑での休憩も、かなり快適にできるようになった。来年は、物置小屋のほうをどうにかするかもしれないけど、今年の大工仕事?はもうあまりないだろう、多分。

先日ようやく、農業用のブログを立ち上げたので、いろいろ準備ができ次第、農作業の様子や雑記なんかはそちらで更新していこうと思う。このブログは建築関係のことをしたときに、更新していく。なので、近々予定の農業用ブログスタート告知のあとは、またしばらく更新されなくなるでしょう。

 

畑ブログ開設しました→hatakeblog.com

 

古民家見つけて、改修していくのを定期的に書けるといいな。目標は2020年までに。

それではまた。

 

adsense

関連記事

畑の小屋を直しています

はい、どうも。かなり、久しぶりの投稿になります。前回が1年以上前なので、いろいろ変わっていることをま

記事を読む

adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


畑の小屋直し総括 ~2017-08-30

畑の作業小屋、だいたい直しました 畑に打ち捨てられた小屋があったので

no image
近況 2017-08-26

はいどうも。先月からもっと更新頻度あげるつもりでしたが、やってませんね

畑仕事 〜2017-6-27

一応、目標通り6月中に更新できました。沖縄は梅雨が明けて、日差しがとて

→もっと見る

adsense

  • モッピー!お金がたまるポイントサイト
  • follow us in feedly
  • 2018年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑