*

「 家づくり用語集 」 一覧

あいじゃくり

最も加工が簡単な、木材の継手(つぎて) 木材をつなぐとき、接合するときに、接合したい面同士を切り欠いて接合するところを継手といい、あいじゃくりはその1つ。上写真のように、接合したい2本の木材の、

続きを見る

防腐剤(ぼうふざい)

風雨にさらされる場所に用いる木材に、防腐処理に使う塗料のこと。ペンキのように、缶に入って売っているものが多い。 水性塗料が使いやすくておすすめ 水性や油性、色も種類が多く、一般的に、防腐効果や耐久

続きを見る

チェーンソー(ちぇーんそー)

大径の木材をカットする、立木を伐採する、邪魔な木の根を取り除くなどに使える道具。 パワーのあるエンジン式おすすめ 電動式とエンジン式とがあるが、エンジン式の方が格段にパワーが強い。電動式だと、径の

続きを見る

構造用合板(こうぞうようごうはん)

建物の強度を高めるために、構造上重要なところを「面」で支えるための板材のこと。柱をサンドイッチするように打ちつけ、壁の下地材となったり、床や屋根の下地材にも使ったりする。 繊維方向に対して合

続きを見る

桧(ひのき)

日本でよく建築用に使われる木材で、家の様々な部材に使われる。小さなパン屋づくりでは土台と母屋に桧を使った。 木材の等級 木材には、等級というものがあって、節の数、木目の美しさ、心材か辺材かなどによ

続きを見る

モルタル(もるたる)

セメントと砂を重量比1:3で混ぜて、水を加えて練ったもののこと。モルタルに、さらに砂利を重量比で6加えると、コンクリートになる。 用途で配合割合を調整する 施工しやすいように水が少なめのものを、バ

続きを見る

トロフネ(とろふね)

コンクリートや、漆喰を調合するときに使う、容器のこと。ホームセンターで売っているものは、上写真の緑色のものが多い。 買うよりも、借りれるとお得 大きさと、強度によって値段が結構変わる。作業

続きを見る

コンパネ(こんぱね)

コンクリートパネルという、片面に黄色い塗装がされている合板のこと。黄色い面を内側に型枠を作って、コンクリートを流し込めば、型枠をスムーズに取り外せる。 構造用合板よりなぜか安価な場合もあるが、構

続きを見る

型枠(かたわく)

コンパネなどで作る、コンクリートを流し込む枠のこと。上写真は、独立基礎用にコンクリートを流し込むところで、束石で型枠を支えているが、鉄筋を地面に刺して枠の支えにしているのを、工事現場で見かける

続きを見る

たこ

基礎工事などで、地面を押し固めるときに使う道具のこと。上写真では石と木材を組み合わせて作っているが、重さのある切株に木材を2本取り付けて持ち手にして使うことが多い。持ち上げて、叩きつけるように

続きを見る

adsense

畑の小屋直し総括 ~2017-08-30

畑の作業小屋、だいたい直しました 畑に打ち捨てられた小屋があったので

no image
近況 2017-08-26

はいどうも。先月からもっと更新頻度あげるつもりでしたが、やってませんね

畑仕事 〜2017-6-27

一応、目標通り6月中に更新できました。沖縄は梅雨が明けて、日差しがとて

→もっと見る

adsense

  • モッピー!お金がたまるポイントサイト
  • follow us in feedly
  • 2018年6月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑